必要なスキルは

電話のポーズをする女性

データサイエンティストの求人に応募する前に、まず今一度どんなスキルが必要なのかを確認しておきましょう。
現状資格や学歴は不問ですが、ある程度のスキルは身につけておくことが望ましいのです。
しかし、どのようなスキルが必要なのかを理解していなければ、そのための準備をすることができません。
どのようなスキルを身につける必要があり、そのためには何をすべきなのかを自分の中で明確にしておきましょう。
データサイエンティストになるために必要なスキルは大きく見て2つです。

まず1つ目が分析および統計学に関する知識やスキルです。
データサイエンティストの仕事のメインとなる部分ですので、ここが苦手だと話になりません。
統計学やプログラミング、マーケティングなどに関して、ある程度学んでおく必要があるでしょう。
2つ目がビジネスに対する知識です。
情報を分析するだけで終わりではなく、そこからいかにビジネスに貢献させることができるかが重要です。
そのため、ビジネスに対しての理解が深まっていないと、いくら情報を分析・統計しても活かすことができないのです。

これらのスキルは独学でも身につけることができますし、大学生の方であれば統計学を学ぶことでも充分に活かすことができます。
また、いきなりデータサイエンティストの求人に手を出すのではなく、エンジニアなどを1度経験することで、データ分析の手法などをまず身につけるというのも1つの方法かと思います。
データサイエンティストを目指す人は当然その求人に注目するかと思いますが、そのためにあえて違う道を1度歩んでみるのも大きな勉強なのです。